香を知る
香木について

香木について

香木とは広義には、樹木より採れる香料全般のことですが、通常は伽羅・沈香・白檀を指します。

香木の種類

伽羅(きゃら)

沈香の中でも最上品のものを伽羅と言います。香りの生成に長い年月を要す為、非常に多様で複層的な香りを持つ。産出量が僅少で、古来よりその価値は金に等しいとされてきました。
日本の香り文化の中心素材としてなくてはならないもので、供給が減少の一途をたどる現在、「馬尾蚊足」の如く大切に扱わねばなりません。
香道の主香材です。聞香様式が最適です。

伽羅の画像イメージ

沈香(じんこう)

樹木内に樹脂が長い年月をかけて形成、熟成されて良質の香材となります。原木自体は軽いですが、樹脂が沈着した部分は重く水に沈むため沈水香と呼ばれています。
常温ではあまり香りませんが、加熱すると幽玄な香りを発します。伽羅と同じく鎮静効果に優れています。

沈香の画像イメージ

白檀(びゃくだん)

幹部の芯材を削り出し、十分乾燥させ、角割・刻みなどにして使用します。仏像などの彫刻、扇子、念珠など幅広く利用され、匂香や焼香など、調合香の中心素材でもあります。
防虫効果にも優れ、正倉院御物にも添えられました。
甘く爽やかな香りをもち、インド南部産のものが最上品とされ、老山白檀とよばれています。精油としての使用も多いです。

沈香の画像イメージ

六国五味 〜りっこくごみ〜

伽羅・沈香の香りは深遠なものであり、「日本の香り」の根幹をなすものです。香りは一木毎に異なるのですが、外観に差異はほとんどありません。そのため、数多くの中から適時、適所に叶う香木を自在に選び出せるよう、香道における分類として「六国五味(りっこくごみ)」と呼ばれる方法が編み出されました。
「六国(りっこく)」とは伽羅(きゃら)・羅国(らこく)・真南蛮(まなばん)・真那賀(まなか)・寸門陀羅(すもんだら)・佐曽羅(さそら)の六種の大枠のことで、それらはさらに香りを味に置き換えた「五味(ごみ)」に分けられます。五味とは甘(かん)・酸(さん)・辛(しん)・鹹(かん)・苦(く)の五種類の味を指し、この五味が何種含まれるか、組み合わせはどうかを判断します。六国の概念は元々産地を表すとされていましたが、後には香りの性質により、化学的な分類ではなく、体感的手法によって伝承されています。

六種/伽羅(きゃら)・羅国(らこく)・真南蛮(まなばん)・真那賀(まなか)・寸門多羅(すもんだら)・佐曽羅(さそら)のイメージ五味(酸・苦 ・甘・辛・鹹)のイメージ

聞香体験のご案内

聞香コースでは、貴重な高級香木の奥深い香りの世界を、実際に体験していただけます。

画像[聞香コースはこちら]
  • お香を知る
    • 香木について
    • 薬種・香原料
    • 香の歴史
    • 香の種類
  • 香の楽しみ方
    • 香木の香りを聞く
    • 空間に香りを漂わせる
    • 暮らしとお香
    • 香りを贈る
  • 体験のご案内
    • お誂え香房
    • 聞香コース
    • 調香コース
    • 調香コース
  • 山田松香木店について
    • 会社概要
    • 社会貢献に対する取り組み
    • 採用情報
  • 店舗へのご案内
    • 本店のご案内
    • アクセス
    • アクセス
  • アクセス
    • 京都本店
    • 半蔵門店
  • お問い合わせ
 

おすすめコンテンツ

  • 山田松香木店プロモーション動画
  • 香木鑑定
  • 香木鑑定店舗のご案内
  • オンラインショップ