香の楽しみ方
空薫

空薫(そらだき)

昔ながらのお香のたき方です。平安時代には部屋や衣裳に薫物の香りをたきしめる時や部屋の雰囲気を変えたい時に用いられました。
間接的に熱を加えるこの方法は香木や印香も同じようにたくことができます。
空薫は銀葉を使う方法よりも強く香りますのでお部屋など広い空間で香りを楽しむ時にお勧めのたき方です。聞香後の香木ももう一度楽しめます。

空薫を楽しむイメージ

必要な道具

空薫を楽しむために必要な道具は以下の通りです。

聞香炉(ききごうろ)、香炉灰(こうろばい)、香炭団(こうたどん)、火箸(ひばし)

たき方

香炉に香炉灰を入れ、火箸でよくかき混ぜて柔らかくしておきます。

行程イメージ1

ライターなどで炭団に火をつけ、全体に熾します。

行程イメージ2

灰の上に全体に火の回った炭団を置き、火箸で軽く灰をかけます。

行程イメージ3

灰が温まったら炭団の脇にお香を置きます。しばらくすると香りが広がっていきます。※お香がこげたり、煙があがるようであれば温度が高すぎるので炭団を置いた位置から少し離して下さい

行程イメージ4

香りを聞いた後は...

香木や印香は炭の上に載せて燃やすこともできます。煉香は取り出して必ず冷ましてから捨てます。

後片付けイメージ

空薫で香りを楽しむお香

空薫を楽しむ事ができます。

製品イメージ
練香
製品イメージ
印香

調香体験のご案内

調香体験では、数種類の香原料を混ぜ合わせて自分だけの香りをお作りいただけます。

画像[調香コースはこちら]
  • お香を知る
    • 香木について
    • 薬種・香原料
    • 香の歴史
    • 香の種類
  • 香の楽しみ方
    • 香木の香りを聞く
    • 空間に香りを漂わせる
    • 暮らしとお香
    • 香りを贈る
  • 体験のご案内
    • お誂え香房
    • 聞香コース
    • 調香コース
    • 調香コース
  • 山田松香木店について
    • 会社概要
    • 社会貢献に対する取り組み
    • 採用情報
  • 店舗へのご案内
    • 本店のご案内
    • アクセス
    • アクセス
  • アクセス
    • 京都本店
    • 半蔵門店
  • お問い合わせ
 

おすすめコンテンツ

  • 山田松香木店プロモーション動画
  • 香木鑑定
  • 香木鑑定店舗のご案内
  • オンラインショップ